上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、やってまいりました誰でもパローネコース、通称誰パロ
狩人珠がカンストしている人にはお手入れと、ラヴィしかメリットのない誰得課金コースを無料でできる3日間
ここぞとばかりに大討伐しまくる予定だったのですが、あいにく忙しくて最終日しかまともにINできませんでした><
できなかった分を取り返すべく、10時間耐久ラヴィを決行しました。
戦果はこちらです。
mhf_20110110_120959_127_convert_20110111235614.jpgmhf_20110110_133232_788_convert_20110111235642.jpgmhf_20110110_163414_314_convert_20110111235707.jpgmhf_20110110_175102_918_convert_20110111235757.jpgmhf_20110111_231404_376_convert_20110112000029.jpgmhf_20110110_213453_068_convert_20110111235827.jpgmhf_20110111_231907_848_convert_20110112000105.jpg
はい、ごらんの通りグダグダですw
何故か1枚SSを撮り忘れてますし順番も覚えていませんが、休憩含めて全7戦100万オーバーは3回のみと言う悲しい結果に・・・
言い訳をさせてもらうなら、ほとんど火事場練習PTでSR双の練習をしていたのです。

貯まったゲキの総数は約89万ゲキで派生後Lv100は遥か彼方です。今年中に完成するのでしょうか・・・
しかし千里の道も一歩から。焦らずのんびり頑張ります。

最後に主催者さん、ソロ支援の方、PTを組んでくれた皆さんに感謝!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
さて2回目ですが大討伐の概要とルール(公式ではなくあくまで暗黙の了解的な)説明をしたいと思います。

大討伐には大きく分けて「変則」と「支援交代」の2パターンあります。
しかしながら現状はほとんどが「変則」で「支援交代」は絶滅に近い状態です
ですがどちらの方式でも当てはまる大前提にして最重要なルールは

主催者さんの指示には従う  これでしょう。皆さんも求人区の部屋主をやったことはあるかと思いますが、些細な意見の食い違いや勘違いなんかでギスギスした経験はありませんか?たった4人ですらモメるのに大討伐は最大32人です。これを纏める主催者さんの苦労は並大抵ではありません。
主催者さんあっての大討伐です。スムーズに進行できるよう主催者さんに協力してあげましょう。

主催者さんのGOサインが出るまで出撃しない  これは前のルールと内容がカブってますが主催者さんが言い忘れていることもあるのでとりあえず書いておきます。「変則」にせよ「支援交代」にせよ大討伐は基本的に固定PTです。自分のPTが4人揃ったからといって勝手に出撃するのはNGです。全員がPTを組み終わるまで静かに待ちましょう。

リアル士気を下げるような青チャを垂れ流さない これも前のルールと内容がややカブりますが、全員がPTを組み終わるまで時間が掛かってしまうことが多々あります。暇だからといって雑談したり、まだPTを組めずにいる人を中傷するようなチャットは自重しましょう。これは大討伐チャットの使い勝手が悪いのも原因の1つだとは思いますがね・・・

ここまでは「変則」と「支援交代」の両方に当てはまるルールです。
これから「変則」と「支援交代」の仕組みを説明したいと思います。

まずは「支援交代」から
読んで字のごとく支援を交代しながら行う大討伐です。32人で8PT作成し、2フェーズ目から9フェーズ目(以下Pと略す)までの支援をPT単位で交代しながら進行していきます。1P目は支援要請がくる前に終わってしまうので全員で出撃します。

出撃までの段取りは8人の貼り主が立候補し、その際に希望する支援Pを主催者に申告します。主催者はチャットログをメモっとくなりして記録しておきましょう。貼り主および参加者は自分のPTの支援Pをしっかり覚えておきましょう。万が一忘れようものならそのPは支援が一切来ないという地獄が待っています。
「支援交代」において重要なのは自発的な行動でしょう。32人そろって大討伐が始まっても貼り主が立候補せずにスタートできず、ただ士気だけが下がっていく・・・という場面によく遭遇しました。
どうしても立候補者がでない場合は主催者さんが指名してしまってもいいと思います。
支援Pを申告するのは早いもの勝ちなので貢献P100万を狙いたいPTは再出撃しやすい7、8、9Pは避けたほうが無難でしょう。


次に最近主流である「変則」について説明しましょう。
「変則」は「支援交代」と違って支援専属を1人、放置を3人または7人、討伐専属を28人または24人で行う完全分業制です。なぜこんなややこしいマネをするかというと、少しでも多くの人が貢献P100万を狙えるようにするのが目的です。
「支援交代」ですと支援をしているPは当たり前ですが出撃できません。ということは最低5万~最高22万(再出撃&全破壊2回分として)損している計算になりますね。これは100万を狙うPTにはとうてい無視できる数字ではありません。さらに常に討伐組が28人いる状態ですので火力が高くなりすぎで大討伐の進行速度が速くなり、再出撃を狙いにくくなります。
そこで支援を1人に任せて、放置枠を作り討伐組の人数を減らすことによって進行速度を抑えて、討伐組は全P出撃できる「変則」というスタイルが誕生したわけです。幸い支援の貢献Pも増えて、それなりの出費はありますが支援のみで100万も十分可能ですし、放置の人も牙やHRP、SRPなどのメリットがあります。
もちろんデメリットもあります。「変則」は熟練者が集まりやすいので火事場や適正武器、適正スキルを前提とした募集が多く、新規が参加しにくい空気が流れています。
しかしながら最近は装備の充実や、戦略の確立から火力が大幅に上がり、全員火事場するような状態だと討伐24人ですら安定して100万は望めなくなってきていますので、新規さんや初心者さんは良い意味でのブレーキ役として歓迎される傾向にあります。
さて、現状の変則大討伐の固定PTは「火事場PT」「火事場練習PT」「装備自由PT」があり、それぞれ張り主さんが独自に募集しています。
初心者の方や、ちょっと参加してみたいだけの方は「装備自由PT」に入るのをお勧めします。
もし募集に乗れない場合や、装備自由の募集自体が無い場合は、最後まで残った人達とPTを組むことになります。
本気で進化武器を作りたい方はまずは「火事場練習PT」で練習してから「火事場PT」に参加したほうが無難でしょうね。「火事場練習PT」でラヴィフレを作るのもいいでしょう。

否応無く「変則」に参加せざるを得ない現状では、新規さんや初心者さんは肩身が狭いかもしれませんが、遠慮しないで火事場練習PTや、装備自由PTを自分で募集してみましょう。同じような境遇の人は少なくないはずです。
それとルールというかマナーに近いのですが
支援または放置で参加する場合はその旨をきちんと主催者さんに伝えて了承を得る
了承を得た放置組は速やかにラウンジで待機する 
「変則」でよくあるトラブルで本人は放置で参加したつもりでも主催者さんに伝わっていない為、討伐組と放置組の人数が合わなくなる事態が少なからずあります。混乱を招かない為にも前記したように雑談などでチャット欄を汚さないようにしましょう。

なお、このブログではあえて装備の紹介や、立ち回りなどを詳しく解説したりはしませんので悪しからず。


さて、これで長~い前置きは終わりです。
次回からはこのブログの趣旨であるへたれラヴィ日記を開始したいと思います。
今回書いた解説及びルールはあくまでも私の主観ですので異論、反論などがありましたらバンバンつっこんでやって下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。